かわいい 和菓子 栗饅頭

島田市の本通商店街に店を構える和菓子店の稲葉屋です。

今回ご紹介するのは、稲葉屋を代表するお菓子「栗まんじゅう」。

栗好きな人からはもちろん、見た目のかわいさからも人気のあるお菓子です。

半分に切られた栗饅頭
和菓子

栗まんじゅうの上に乗っているのは栗の甘露煮。

中身は白あんに卵の黄身を混ぜた黄身あんが詰まっています。

黄身あんはコクがあり、まろやかで優しい甘さ。ほろほろとした食感が特長です。

手のひらほどのサイズですが、一つ食べてもくどくならない味に仕上げています。

オリジナルの和菓子を!木型から特注した思い入れのある商品

栗饅頭 焼く前

今の店主が修業先から戻った際に、何か稲葉屋オリジナルの商品は作れないだろうか、とこの栗まんじゅうを考案しました。もちろん店主は栗が大好き。

栗饅頭 型

これが50年前からずっと使い続けている栗の形の木型です。

長い年月が経ったとは思えないほど状態が良いのは、それだけ大切にしている証拠。

毎回丁寧に手で優しく洗い乾燥させています。

栗まんじゅうはこんな風に作っています

栗餡

生地に黄身あんを包みます。慣れた手つきできれいに包んでいくのは、まさに職人技。

丸めた生地を木型へはめて型を取ります。

生地を取り出すときに、木型の角を台にトントンと叩いて外すので

50年も経つと角が丸くなっていきます。

栗饅頭 型

今では後継者の息子も一緒に作っていますが、利き手が違うため、左右の角が丸い状態に。こうして歴史が刻まれていきます。

栗饅頭 焼く前 和菓子

型から外した栗まんじゅうに卵の黄身を塗り、真ん中に甘露煮の栗を乗せます。

そして180℃のオーブンで約20~30分ほど焼き上げます。

栗饅頭 焼いている最中

焼きむらが出ないように、途中で位置を替えていきます。そのタイミングは長年の勘。

栗饅頭 焼き上がり 和菓子

ようやく焼き上がり。

その後、冷ますために簾の木箱に移します。

栗饅頭 冷ます 和菓子

見てください、できたての栗まんじゅうがずらっと並ぶ景色を!

一つ一つ丁寧に作っていますので、完成するとなんだか愛おしく見えます。

並べられている栗饅頭 和菓子

しっかり冷めたら個包装して店頭に並べます。

黄身あんや生地を作るところから仕上げの包装まで、すべて二人だけで手がけています。

栗饅頭を持つ手

こうして手間暇かけてできた栗まんじゅう。

小さいお子さんからご年配の方まで、幅広い人気があります。

作り続けて50年。稲葉屋の栗まんじゅうで、ほっとしたひとときをお楽しみください。

稲葉屋

住所:島田市本通2丁目3-3

TEL:0547-36-1788

店舗情報はこちら

店舗情報 | 稲葉屋 (inabaya-shimada.com)